第1回日露ユーラシア国際バレエコンクール新着情報

日本発の新しい国際コンクール

はじめに

第1回日露ユーラシア国際バレエコンクールinウランウデ(以下当コンクール)は、日露国交復活60周年記念
「ロシアにおける日本年」のクライマックスを飾るイベントの1つとして企画・発案されました。

ロシアとアジアのバレエの玄関、ブリヤート共和国の首都ウラン・ウデにある「ブリヤート国立アカデミー歌舞劇場」にて 芸術監督 岩田守弘氏が大会委員長を務めます。

ロシアとアジアを結ぶ国際交流の一環として、私たちNAMUEが応援するクラシックバレエのさらなる発展・普及・社会的浸透のため、日本発の新しい国際コンクールを目指します。

日本発、新しい国際コンクール

◎民族バレエ部門の導入

ブリヤート国立アカデミーオペラバレエ劇場の歴史テク背景のある土地のまつわり、当コンクールでは、
一般的に国際コンクールで行われるコンテンポラリー部門に代わり、民族舞踊または民族性を取り入れた
【民族バレエ部門】を設定いたしました。
当コンクールの民族バレエ部門の目的は、クラシックバレエにおいては不可欠な民族性を習熟し、
表現することの大切さを審査します。
例えば、「ラ・バヤデール」の作品はインドの作品であり、アラベスク一つも表現が違うはずであるように、
又、「ドン・キホーテ」のキトリのヴァリエーションも、一つ一つのパは、ただのポーズではなく、
スペインの舞踊の表現が取り入れられています。
民族バレエ部門においては、「白鳥の湖よりルースカヤ」「コッペリアよりチャルダッシュ・マズルカ」などの
古典キャラクター作品をソロにアレンジしたものや、バレエ基礎を取り入れ、世界中の様々な民族舞踊をベースに
アレンジした創作作品でも可能です。
その踊りをバレエの舞台でどう表現するかが課題になります。

◎育成・留学・就職・活動の場の支援

バレエ芸術の発展・普及・社会的浸透を目指す当コンクールでは、
バレエを愛する皆様のステップアップを応援します。
児童部門の皆様には、子供の頃から国際基準に触れることが出来る機会を!
ジュニア部門の皆様には、留学及びロシア国内における高水準のバレエ教育を!
シニア部門の皆様にはカンパニーへの就職・活躍できるチャンスを!
そして国際コンクールでは珍しいプレコンクールを設定しました。
幼少部門の皆様に歴史ある劇場における舞台経験と国際交流を!

◎指導者の学びの場の提供

当コンクールでは民族バレエ部門が設定されており、その全体の仕上がりを競うため、指導者の先生方にとっても審査結果及び評価は重要なものになると考えています。
またソロヴァリエーションの各部門においても、年齢に対応したレベルやバレエ教育の進め方が国により異なるため、国際基準を現場で感じることが出来るでしょう。

◎国際交流

会期中には、コンクールだけでなく国際交流を目的とした様々なプログラムが組まれています。
ワークショップでは、クラスレッスンのほか全員が参加するデフィレのリハーサルを行い、最終日に劇場でオーディエンスに披露します。
またゲストによるエキシビジョンや交流パーティ、現地観光なども予定しています。

【概要】

タイトル 第1回 日露ユーラシア国際バレエコンクールinウラン・ウデ (通称:ウラン・ウデ国際バレエコンクール)
会場 ロシア連邦・ブリヤート共和国・ウラン・ウデ市ブリヤート国立アカデミー歌舞劇場
ツアー日程 2019年4月27日(土)~5月6日(月) 特別ツアープログラム準備中のためツアーサンプルです

開催日:4/28開会式・くじ引き・舞台鑑賞  4/29・30予選(第1次審査)開始  5/1プレコンクール
5/2・3準決選(第2次審査)     5/4決選(第3次審査)           5/5表彰式・ガラコンサート         
    

参加国 日本・ロシア・中国・韓国・モンゴル・シンガポール
プログラム コンクール、ワークショップ、国際交流舞台、エキシビジョン、交流パーティ、観光

 

【参加資格】

〈今回、国際交流の記念イベントとして、多くの方に参加していただけるチャンスをいただきました!〉

過去にNAMUEバレエコンクールに出場したことのある方。
更に、第104回名古屋大会~2019年名古屋大会までの出場者の中から、
特に優秀と認められた方は [招待選手]として、渡航費、エントリー費などが免除されるフルスカラシップで出場できる

【部門内容】※2019年3月時点で対象年齢であること

●ソロ部門

児童部門においては、初期教育段階での世界最高峰の経験の提供を目的とする
ジュニア・シニア部門においては、各国への留学のチャンスの提供を目的とする

部門 対象年齢 第1次審査 第2次審査
第3次審査
児童部門女子 12~15歳 賞状
クラシックVa2曲 民族バレエ  クラシックVa2曲(同じものでもよい)
児童部門男子 12~15歳 賞状
クラシックVa2曲 民族バレエ  クラシックVa2曲(同じものでもよい)
ジュニア部門女子 16~18歳 賞金あり Va2曲かPDD1曲 クラシックVa1曲と民族バレエ  クラシックVa2曲かPDD1曲※
ジュニア部門男子 16~18歳 賞金あり Va2曲かPDD1曲 クラシックVa1曲と民族バレエ  クラシックVa2曲かPDD1曲※
シニア部門女性 19~30歳 賞金あり
Va2曲かPDD1曲 クラシックVa1曲と民族バレエ  クラシックVa2曲かPDD1曲
シニア部門男性 19~30歳 賞金あり
Va2曲かPDD1曲 クラシックVa1曲と民族バレエ  クラシックVa2曲かPDD1曲

 

※ジュニア部門は、決選時(第3次)の演目は予選時(第1次、第2次)の同じ演目でも構いません。

【6歳から11歳の方】
今大会ではプレコンクールとして参加していただきます。開催日は5月1日を予定いたしております。ソロのみでヴァリエーションもしくは創作(児童向けの差k品2分以内)。
民族バレエ部門(同じく5月1日)も希望者は参加可能です。国際コンクールが行われる会場で、演技をして頂きます。男女総合で順位が出ます。
その他の日程はワークショップに参加、クラスレッスンのほか全員が参加するデフィレのリハーサルを行い、最終日に劇場でオーディエンスに披露します。

●パ・ド・ドゥ部門

ジュニア・シニア部門においてソロのVa2曲かグラン・パ・ド・ドゥ1曲かの選択ができます。

ジュニア・シニア対象
第1次審査  グラン・パ・ド・ドゥ1曲(ソロVa2曲かグラン・パ・ド・ドゥかの選択)
第2次審査  クラシックVa1曲と民族バレエ
第3次審査  グラン・パ・ド・ドゥ1曲(ソロVa2曲かグラン・パ・ド・ドゥかの選択)
※現地にてパートナー派遣可能です。
パ・ド・ドゥで出場される方で、現地パートナーを希望されます方のお申し込みが増えております。人数に制限もございますので、先着順とさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。費用は900ドル
12月10日更新

●民族バレエ部門

なぜ民族バレエ部門なのだろう?

既存のクラシックバレエ作品にも民族バレエの要素は多く含まれており
そこが表現力に直結する為、その部分を切り取って深めていく事により
クラシックバレエの表現力も向上し、指導者の考え方の成長になると考えます
岩田守弘談

民族舞踊、または民族性を取り入れたバレエテクニックの舞踊表現を課題とします。
クラシカルなキャラクターダンスに限らず、民族性の要素を取り入れた創作でも可。

 

 

白鳥の湖より ルースカヤ・スペイン・ナポリetc
くるみ割り人形より 中国・アラビアetc

・バレエの基礎を保ち、バレエテクニックを取り入れること
・バレエシューズ・トウシューズ・キャラクターシューズは問わない
・ソロまたはデュエット
・演技時間はソロは3分以内デュエットは4分以内
・安全な小物などの使用可

※民族バレエ部門に関しまして、1次予選が通過できなくても参加することができ、民族バレエ部門のみで表彰が行われ賞金が授与されます。

スケジュール

大会スケジュール(シュミレーションですので変更される場合がございます)


第1次(予選)   4/29  ◎昼の部  児童・ジュニア・シニア部門  男女共にクラシック演目    ◎夜の部 男女共にクラシック演目

第1次(予選)   4/30    ◎昼の部  児童・ジュニア・シニア部門  男女共にクラシック演目    ◎夜の部 男女共にクラシック演目

プレコンクール 5/1

第2次(準決選) 5/2    ◎昼の部  児童・ジュニア・シニア部門  男女共にクラシック演目    ◎夜の部 民族バレエ部門

第2次(準予選) 5/3    ◎昼の部  児童・ジュニア・シニア部門  男女共にクラシック演目  ◎夜の部 民族バレエ部門

第3次(決選)    5/4  ◎昼の部  児童・ジュニア・シニア部門  男女共にクラシック演目  ◎夜の部 男女共にクラシック演目

表彰式・ガラ    5/5

 


 

一日のスケジュールの流れ(シュミレーションですので変更される場合がございます)


  9:00~11:30       場当たり
12:00~15:00   昼の部    ①ソロ  ②ソロ  ③ソロ  ④ソロ  ⑤ソロ  ⑥デュエット
15:30~18:00   場当たり
18:30~21:30   夜の部    ①ソロ  ②ソロ  ③ソロ  ④ソロ  ⑤ソロ  ⑥デュエット
※部門ごとに行われます。


【大会委員長】

当国際バレエコンクールは、日本とロシアのさらなる文化交流を図る「ロシアにおける日本年2018」の組織委員である岩田守弘氏が大会委員長となって企画・推進しているものです。今後、日露両国の関係省庁に後援を申請予定です。

岩田守弘氏

プロフィール

神奈川県横浜市出身。9歳より岩田バレエスクールでバレエを始める。岩田高一に師事。1987年に全日本バレエコンクールでジュニア部門で第1位、文部大臣賞、東京都知事賞、東京新聞社賞、IBM賞。同年からソビエトバレエインスティチュートで2年間学ぶ。1990年1月から国立モスクワ・バレエ・アカデミーで1年半学び、アレクサンドル・ボンダレンコに師事する。1991年日本バレエ協会夏期定期公演にて最優秀賞。10月からは国立ロシア・バレエ団に入団。
数々の国際コンクールに出場し、1995年ボリショイ劇場研究生、1996年に同劇場のソリストを経て、2003年の同劇場の第1ソリストに昇格する。2009年11月、ロシア政府より友好勲章を授与される。2012年7月、ボリショイ劇場にて、退団公演を自らプロデュース、17年間のボリショイ・バレエ団での活動に区切りをつける。2012年9月、ロシア連邦・ブリヤート共和国国立歌劇場のバレエ芸術監督に就任。
内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出されるなど、国際的に活躍を続けている。[ロシアにおける日本年」日本政府組織委員でもある。

【審査員】

アストラハン劇場バレエ団 芸術監督        コンスタンチン・ウラリスキー氏
1978年ボリショイ劇場に入団。1991年アメリカのアイオワ州アイオワバレエ団を6年間指導。1998年ニューヨークバレエ団の芸術監督になり、同時にバレエスクールを開講する。
2006年チェリャビンスク州立オペラバレエ劇場に招待され、S.プロコフィエフによるバレエ「ロミオをジュリエット」を披露。2007年スペインのアーティストFrancisc Goyaの生涯について
バレエ《El Mundo de Goya》を世界初演し、《Scene-2007》にて5つの賞を受賞する。2008年チェリャビンスク国立バレエオペラ劇場の芸術監督就任。ロシア連邦政府の国家賞受賞。
2011年9月アストラハン劇場オペラバレエ劇場のバレエ芸術監督に就任。2012年12月コンスタンチン・ウラリスキーの新しい「白鳥の湖」初演。

マリ・エル共和国文部大臣  マリ・エルオペラ劇場ディレクター         コンスタン・イワノフ氏
1992年モスクワ・カデミーを卒業後、ボリショイ劇場に入団。「白鳥の湖」ジークフリート・「ドン・キホーテ」バジル・「ラ・バヤデール」ソロルなど、見事なダンサーとして活躍。
1996年教師の資格を取得。多くの国際大会でロシア代表を務め、1998年国際大会「アラベスクー98」で金メダル受賞。2001年マリ・エルオペラバレエ劇場芸術監督就任。2005年マリ共和国国家賞受賞。2017年マリ・エル共和国の文部大臣に任命される。

グローベックス プロモーションディレクター    アイダル・シャイドゥーリン氏
1995年ウファ・チャオグラフィースクールを卒業。バシキール国立オペラバレエ劇場で活躍。1996年9月から1997年8月までチェリャビンスク・オペラバレエ劇場ソリスト。1997年、
モスクワのクレムリン・バレエ劇場に招かれる。ボリショイ劇場、マリンスキー劇場、ベルリンとローマのオペラ、シャンゼリゼ劇場、その他の舞台で踊る。

ノボシビルスク バレエ団芸術監督   デニス・マトヴィエンコ氏
1997年から2001年までウクライナ国立オペラ劇場にてソリストとして活躍。2001年から2002年までマリインスキー劇場にて、シルフィードのジェームス・海賊よりアリ・ドン・キホーテのバジル・ジュエルズなど数多く演じる。アレクセイ・ラットマンスキー(2002年)が振り付けたシンデレラのプリンスの初演者である。2003年から2007年までウクライナ国立オペラ劇場、
2007年から2009年までミハイロスキー劇場にて活躍。東京の新国立劇場、ミラノスカラ座、パリオペラ座、アメリカンバレエシアターにゲストソリストして参加する。2009年以降はマリインスキー劇場で活躍する。2011年から2013年ウクライナ国立オペラバレエ劇場の芸術監督を務める。現在、ノボシビルスクバレエ団芸術監督に就任する。

ブリヤート劇場バレエ団教師            ダンバエフ・バヤルト氏
ウラン・ウデ舞踊学校卒業。ロシア人民芸術家ピョートル・アバシエフ師事
1994年 よりブリヤート国立アカデミーオペラ・バレエ劇場ソリスト 現在教師。2003年ブリヤート共和国功労芸術家。2006年ブリヤート共和国国家賞受賞。2010年ロシア功労芸術家。

 Yan  Ballet Academy芸術監督      王 燕氏(wang yan)
2003年上海ダンスアカデミー卒業。香港バレエ団・広州バレエ団からオファーがあったものの、上海バレエ団に所属を決める。2013年シンガポールに移り、2014年シンガポールダンスシアターでバレエの指導しながらゲストアーティストとして活躍する。その後、エリープログラムのヘッドとしてシンガポールバレエ学校に参加し、2018年ヤンバレエアカデミーシンガポールを創業、芸術監督を務める。シンガポールでバレエ大会を企画するアジア・バレエ・シンガポールの株主でもある。彼女の指導は2016年アジアグランプリで史上初のシンガポールの金メダルの結果を出している。また2016年オーストラリア国際ダンス大会でも結果を出しており、わずか3年間で国際及び全国大会で49個の金メダルと21個の銀メダルを達成している。

Fujian Dancers Association 常任取締役     李 娜氏(Lina)
北京ダンスアカデミーを卒業後、北京ダンスアカデミー・上海ダンススクール・厦門大学のアートアカデミーにて講師を務める。中国奨学金協会の支援を受け、サンクトペテルブルク大学の
音楽アカデミーで研修を進めた。福建省修士号の認定、福建省全国Vocational Student Skillsコンクール審査員を務め、第1回国際バレエコンペティションinモンゴル審査員に招待される。
国務院顧問、中国語学院国際局長、厦門大学の学長を務め、2012年アフリカで開催された孔子学院連合会議の芸術監督を務める。アモイのBRICS諸国指導者の会合に参加し、アモイ大学の芸術公演の振付家を務め、2017年には州の先進的人物として評価された。
Chinese Dancers Association協会会員・Fujian Dancers Association常任取締役・Fujian International Standard Dancers Association副会長・Xiamen Dancers Association副会長・
The Young Committee of Fujian Dancers Association副ディレクター

モンゴル国立オペラ・バレエ劇場 芸術監督    ゲレルチメグ・ホロルダワー
1981年、ロシア、サンクトペテルブルクのワガノワバレエアカデミー卒業。卒業後、帰国しモンゴル国立オペラ・バレエ劇場バレエ団入団。プリンシパルダンサーとして、「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「眠りの森の美女」、「ジゼル」をはじめとする数々の古典バレエや創作バレエで主演し好評を得る。1982年に優秀ダンサー賞、1987年にスフバートル区民栄誉賞、1989年にモンゴル労働者組合優秀賞を受賞。1995年にはモンゴル人民芸術家の称号を与えられる。モンゴルだけでなくロシア、ハンガリー、ブルガリア、日本、アメリカでも踊る。1996年より同劇場のアシスタントディレクター/バレエミストレスとなる。アシスタントディレクターとして1997年に「くるみ割り人形」、2006年に「スパルタクス」、2009年に「ショピニアーナ」、「パキータ」を改訂振付。2018年より芸術監督に就任。また、教え子達がアジアパシフィック国際バレエコンクール、ペルミ国際バレエコンクール、ニューヨーク国際バレエコンクール等数々の国際コンクールで受賞している。

 

 

※2018年12月10日現在の予定です。随時、追加変更は更新されます。

 

【賞】

順位は審査員の合計得点で決まります。
決選進出者には、証明書が授与されます。

留学・スカラシップは審査員の推薦により、ロシアおよび各国の学校・劇場が選択できます。

賞金・賞品については決定次第ホームページへ掲載されます。

【参加申し込み】

日本国内においては、株式会社NAMUEにお問い合わせ下さい。
各国、補助金などによる詳細に違いがありますので、各国エージェントにお問い合わせいただきます。

【参加費】

日本からのエントリーの方

同行者:ツアー料金《渡航費・宿泊費・移動費(空港~ホテル)・食費・日本語ガイド添乗》35万円
参加者:ツアー料金+エントリー費・ワークショップ費        45万円
※チャーター機によるツアー料金です。日本の発着は未だ未定です。日本発着の空港まではご自身での負担になります。空港税・ビザ代行手数料が別途かかります。

海外からのエントリーの方

エントリー費:200ドル  ワークショップ費:800ドル
※ロシア留学在住中のロシア人以外の人は100ドルのエントリー費が大統領支援金が補助金として充てられます。ロシア人の方は、これに非ず。

【主催】

株式会社NAMUE・岩田守弘芸術財団・ブリヤート国立アカデミー歌舞劇場

【後援】

日本外務省(ハバロフスク総領事館)、ロシア外務省、ブリヤート共和国文科省想定

【協賛】

岩田守弘氏関連企業、NAMUE関連企業、および日露両国関係団体

コンクールについてのお問合せ0120-55-4755受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝除く ]

メールでのお問合せはこちら主催:株式会社NAMUE
Language »