第1回日露ユーラシア国際バレエコンクール新着情報

日本発の新しい国際コンクール

はじめに

第1回日露ユーラシア国際バレエコンクールinウランウデ(以下当コンクール)は、日露国交復活60周年記念
「ロシアにおける日本年」のクライマックスを飾るイベントの1つとして企画・発案されました。

ロシアとアジアのバレエの玄関、ブリヤート共和国の首都ウラン・ウデにある「国立ブリヤート共和国国立歌劇場」にて 芸術監督 岩田守弘氏が大会委員長を務めます。

ロシアとアジアを結ぶ国際交流の一環として、私たちNAMUEが応援するクラシックバレエのさらなる発展・普及・社会的浸透のため、日本発の新しい国際コンクールを目指します。

日本発、新しい国際コンクール

◎アンサンブル部門の導入
 バレエは芸術ですが、コンクールという審査を行う場所で、参加者の皆さんがもっと深く、交流・団結できるようなイベントはないか?参加者と会場のオーディエンスとが一体となって楽しめるようなイベントがあっても良いのではないか?との考えから新たな挑戦を致します。
アンサンブル部門の導入により団体選として国別の演技を披露していただきます。
日本よりエントリーいただきました皆様がチームジャパン=「エトワール・ジャパン」として臨みます。
 チームの一員として、このコンクールを楽しんでください!
◎育成・留学・就職・活動の場の支援

バレエ芸術の発展・普及・社会的浸透を目指す当コンクールでは、
バレエを愛する皆様のステップアップを応援します。
児童部門の皆様には、子供の頃から国際基準に触れることが出来る機会を!
ジュニア部門の皆様には、留学及びロシア国内における高水準のバレエ教育を!
シニア部門の皆様にはカンパニーへの就職・活躍できるチャンスを!

◎指導者の学びの場の提供

当コンクールではアンサンブル部門が設定されており、その全体の仕上がりを競うため、指導者の先生方にとっても審査結果及び評価は重要なものになると考えています。
またソロヴァリエーションの各部門においても、年齢に対応したレベルやバレエ教育の進め方が国により異なるため、国際基準を現場で感じることが出来るでしょう。

◎国際交流

会期中には、コンクールだけでなく国際交流を目的とした様々なプログラムが組まれています。
ワークショップでは、クラスレッスンのほか全員が参加するデフィレのリハーサルを行い、最終日に劇場でオーディエンスに披露します。
またゲストによるエキシビジョンや交流パーティ、現地観光なども予定しています。

【概要】

タイトル 第1回 日露ユーラシア国際バレエコンクールinウラン・ウデ (通称:ウラン・ウデ国際バレエコンクール)
会場 ロシア連邦・ブリヤート共和国・ウラン・ウデ市@同国国立歌劇場
ツアー日程 2019年4月26日(金)~5月7日(火) 特別ツアープログラム準備中

開催日:4/28ワークショップ 4/29予選開始 5/2決選 5/3表彰式・ガラコンサート(現段階のシュミレーション)

移動手段 現段階のシュミレーション→ 東京発ウランバートル経由/ (移動時のウランバートル泊・往路復路計2日)

参加国 日本・ロシア・中国・韓国・モンゴル
プログラム コンクール、ワークショップ、国際交流舞台、エキシビジョン、交流パーティ、観光

 

【参加資格】

〈今回、国際交流の記念イベントとして、多くの方に参加していただけるチャンスをいただきました!〉

過去にNAMUEバレエコンクールに出場したことのある方。
更に、第104回名古屋大会~2019年名古屋大会までの出場者の中から、
特に優秀と認められた3名は [招待選手]として、渡航費、エントリー費などが免除されるフルスカラシップで出場できる

【部門内容】※2019年3月時点で対象年齢であること

●ソロ部門

児童部門においては、初期教育段階での世界最高峰の経験の提供を目的とする
ジュニア・シニア部門においては、各国への留学のチャンスの提供を目的とする

部門 対象年齢 制限時間 演目 その他規定
児童部門女子 6~11歳 3分 1曲 シューズでの演技
児童部門男子 6~11歳 3分 1曲 シューズでの演技
ジュニア部門女子 12歳~17歳 3分 2曲 トゥシューズでの演技
ジュニア部門男子 12歳~17歳 3分 2曲 シューズでの演技
シニア部門女性 18歳~ 3分 2曲 トゥシューズでの演技
シニア部門男性 18歳~ 3分 2曲 シューズでの演技

※ジュニア・シニア部門の決選出場者は、決選にて2曲のうちどちらか1曲のみを披露。

●パ・ド・ドゥ部門

18歳以上の男女2名で演技、ともに審査対象
4曲構成の古典グラン・パ・ド・ドゥ作品で演技
制限時間は15分

●アンサンブル部門

年齢は問わない
シューズ・トウシューズは問わない
クラシック音楽によるクラシックの作品であれば、振付はオリジナルでも可
演技時間は5分以上10分以内、人数は6名以上18名以内であること

【賞】

順位は審査員の合計得点で決まります。
決選進出者には、証明書が授与されます。
賞金・賞品、スカラシップについては決定次第ホームページへ掲載されます。

【大会委員長】

当国際バレエコンクールは、日本とロシアのさらなる文化交流を図る「ロシアにおける日本年2018」の組織委員である岩田守弘氏が大会委員長となって企画・推進しているものです。今後、日露両国の関係省庁に後援を申請予定です。

岩田守弘氏

プロフィール

神奈川県横浜市出身。9歳より岩田バレエスクールでバレエを始める。岩田高一に師事。1987年に全日本バレエコンクールでジュニア部門で第1位、文部大臣賞、東京都知事賞、東京新聞社賞、IBM賞。同年からソビエトバレエインスティチュートで2年間学ぶ。1990年1月から国立モスクワ・バレエ・アカデミーで1年半学び、アレクサンドル・ボンダレンコに師事する。1991年日本バレエ協会夏期定期公演にて最優秀賞。10月からは国立ロシア・バレエ団に入団。
数々の国際コンクールに出場し、1995年ボリショイ劇場研究生、1996年に同劇場のソリストを経て、2003年の同劇場の第1ソリストに昇格する。2009年11月、ロシア政府より友好勲章を授与される。2012年7月、ボリショイ劇場にて、退団公演を自らプロデュース、17年間のボリショイ・バレエ団での活動に区切りをつける。2012年9月、ロシア連邦・ブリヤート共和国国立歌劇場のバレエ芸術監督に就任。
内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出されるなど、国際的に活躍を続けている。

【審査員】

ロシア各地の有力劇場の監督はじめ各国含め6~8名予定

【参加申し込み】

日本国内においては、株式会社NAMUEにお問い合わせ下さい。
各国、補助金などによる詳細に違いがありますので、各国エージェントにお問い合わせいただきます。

【主催】

株式会社NAMUEと岩田守弘芸術財団の共催

【後援】

日本外務省(ハバロフスク総領事館)、ロシア外務省、ブリヤート共和国文科省想定

【協賛】

岩田守弘氏関連企業、NAMUE関連企業、および日露両国関係団体

コンクールについてのお問合せ0120-55-4755受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝除く ]

メールでのお問合せはこちら主催:株式会社NAMUE